ネット上で配信されているニュース関連に対しての情報を掲載していきます。
検索フォーム

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
相互リンク集

 ┣ 気まぐれ適当NEWS
 ┣ ニュース一番
 ┣ 速報配信情報ブログ
 ┣ 話題NEWS厳選配信
 ┣ 注目ニュース最新
 ┣ ウェブ通信
 ┣ ブログ通信
 ┣ 知っトコ情報
 ┣ 速報ピックアップ
 ┣ 日本経済WEB
 ┣ 世界のエンタメ
 ┣ THE・ハイライト
 ┣ 注目してみた。
 ┣ 気になってみた。
 ┣ 気まぐれブログ
 ┣ 話題ニュース
 ┣ 知ってるコレ。
 ┣ ちょっと聞いてよ。
 ┣ お役立つ情報満載ブログ
 ┣ コレでなっとく情報Blog
 ┣ ネット知るNEWSブログ
 ┣ 暮らし豊か通信は増刊号
 ┣ 社会通信情報ブログ
 ┣ 経済情報NEWSブログ
 ┣ お得NEWSブログ
 ┣ NEWS情報最前線
 ┣ ニュースWEB
 ┣ ニュース配信ブログ
 ┣ エキサイトNEWS
 ┣ ガチンコNEWS
 ┣ NEWSマックス24
 ┣ NEWSプラスα
 ┣ オンラインNEWS情報サイト
 ┣ 情報局ZERO
 ┣ REDLINE ニュースBLOG
 ┣ エンタメ情報満載
 ┣ 最新トピックス
 ┣ 速報deニュースブログ
 ┣ 知っとこネットワーク
 ┣ ニュース総合案内所
 ┣ NEWSキングダム
 ┣ 経済チャンネル
 ┣ NEWSサーチブログ
 ┣ 話題NEWS口コミ投稿
 ┣ リアルタイムニュース
 ┣ スポーツ関連情報ブログ
 ┣ 厳選ニュース捜索隊
 ┣ 最新注意報イエローページ
 ┣ 経済情報QQタイムズ
 ┣ 得々ブログ

相互リンク集2

 ┣ 現在NEWSブログ
 ┣ 報道ブログチャンネル
 ┣ 報道クライマックス
 ┣ 情報配信ブログ7
 ┣ 芸能NEWSブログ
 ┣ 芸能速報オンライン
 ┣ 月刊NEWSブログ
 ┣ 現代情報ブログ
 ┣ ニュースファイル
 ┣ 芸能ニュースブログ
 ┣ ニュースジャパン
 ┣ THE報道特集
 ┣ 明日があるのさ
 ┣ そう言えば聞いた。
 ┣ 個人的な価値観ブログ
 ┣ 信じられません。
 ┣ とても身近に思えない。
 ┣ 話題になった出来事
 ┣ バリュー情報通信
 ┣ レッドペーパー倶楽部
 ┣ 世の中の出来事通信
 ┣ 報道ブログマート
 ┣ サイドステーション
 ┣ 今月の気になる出来事
 ┣ 報道ブログハウス
 ┣ NEWSエアーライン
 ┣ ブログウォッチ24
 ┣ ニュース情報ネット
 ┣ 芸能ジャパン
 ┣ BlogNews
 ┣ いろいろ相談ブログ
 ┣ どうなんでしょコレ?
 ┣ こういう事かっ!
 ┣ 最近の身近な話
 ┣ どうでもよくない話
 ┣ 伝えきれない事実
 ┣ お悩み解決ブログっす
 ┣ 快活な生き方
 ┣ コチラお役立ち情報局
 ┣ ライフバイブル
 ┣ Its 暮らし特集ブログ
 ┣ 現代生活応援通信
 ┣ 暮らしステーション
 ┣ ラブリーライフクラブ
 ┣ 生活改善ブログ
 ┣ 庶民の暮らし応援
 ┣ リフレッシュ宣言ブログ
 ┣ 平凡的な市場
 ┣ 明日ご褒美
 ┣ 気になるあの子の豆知識

RSSリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
角界入りするまでの幼少時代は「貧困への忍」だった。第二次世界大戦後、樺太からの引き揚げでは、乗った船が、納谷さんを北海道・稚内で降ろした後に国籍不明の船から攻撃を受けて沈没。命からがらたどり着いた北海道では、きょうだいは奉公で離散。納谷さんも納豆売りや新聞配達をして家計を助けた。当時を「スケート靴やスキーが欲しかったから、自分で木の枝や鉄板で作った。入門するまでラーメンを食べたことがなかった」と振り返った。「子どもの頃にさんざん苦労したから、これより下はないと思うと稽古(けいこ)は苦にならなかった」という。全盛期は身長187センチ、体重は150キロに迫った。恵まれた体で、1961年に横綱に同時昇進した2歳上の柏戸(かしわど)を終生のライバルと決め、横綱としての直接対決では18勝9敗と圧倒した。納谷さんは生前、「横綱の地位は孤独。柏戸さんと親しく話すようになったのも引退後」と明かした。妥協を許さない「勝負への忍」が、いまだ破られない32回の幕内優勝につながった。「大鵬には天性の素質がある」と言われることを嫌い、常に「素質があったのは柏戸さんの方。私は柏戸さんに追いつこうとひたすら努力しただけ。相撲をやっている人にしか分からない」と語った。その柏戸こと富樫剛さんが96年に58歳の若さで死去した際には、「通夜の席で『おい、何やっているんだ、起きろよ』と(遺体を)揺さぶった」という。71年に現役引退し、部屋を起こした後は「病への忍」だった。77年2月に脳梗塞(こうそく)で倒れ、左半身が思うように動かない。だが弟子の素質を見抜く目と育成への熱意で、多くの関取を育てた。「力士は伝統文化の担い手。自分の受けた薫陶を次の世代に継承するのも私の役目」と言い、相撲協会から身を引いた後も、現役横綱にアドバイスを送り続けた。昨年の夏場所、白鵬が7日目から3連敗した際には、病床から電話を入れて激励した。「横綱の気持ちは、やった者にしかわからないからね」。最近は肺を患って入退院を繰り返し、常時酸素吸入器を鼻に付けていたが、「テレビで毎日、場所を見て白星黒星付けているよ」と、相撲への熱意は衰えなかった。12年5月に取材した際、撮影用に病床で上半身だけピンクのワイシャツ姿になった。その胸には「K・T(大鵬幸喜)」のイニシャルの刺しゅう。最後の最後まで「横綱・大鵬」であり続けた。
 

冷え性(ひえしょう)改善法
ホクロ除去
いびき解消法
胃潰瘍の原因と治療法
育児ノイローゼ症状
 

スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。